スカーレット 伊藤健太郎 彼女, グリーンチャンネル 見れる場所 新潟, ボディミスト 学校 付け方, Gaban スパイスカレー レシピ, Nhk 報道局 電話番号, ポケ森 あつ森 フレンド, 白ワイン おつまみ 話題, 名探偵コナン 緋色の弾丸 前売り券, ヨドバシカメラ 横浜 休業, 冨岡義勇 羽織 姉, デトロイト コナー 解決策を見つける, セブンイレブン 一日乗車券 名古屋, 男の子 名前 画数 無料, メール わかりました だけ, 過保護のカホコ いと 病気, " /> スカーレット 伊藤健太郎 彼女, グリーンチャンネル 見れる場所 新潟, ボディミスト 学校 付け方, Gaban スパイスカレー レシピ, Nhk 報道局 電話番号, ポケ森 あつ森 フレンド, 白ワイン おつまみ 話題, 名探偵コナン 緋色の弾丸 前売り券, ヨドバシカメラ 横浜 休業, 冨岡義勇 羽織 姉, デトロイト コナー 解決策を見つける, セブンイレブン 一日乗車券 名古屋, 男の子 名前 画数 無料, メール わかりました だけ, 過保護のカホコ いと 病気, " />

マララユスフザイ スピーチ いつ

この単元では、ノーベル平和賞を最年少で受賞したマララ・ユスフザイさんの国連でのスピーチを題材とし て取り上げている。①マララさんのスピーチと銃撃事件について②2009年にbbc が報じたパキスタンの 現状について③マララさんの夢について④マララさんのスピーチ内容についてという4 United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization (UNESCO), 国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか? あなたの意見によって変化をもたらすことができます。, United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization (UNESCO), 国連の取り組み:平和維持活動における 性的搾取・虐待を防ぐために(ファクトシート 2015年9月), ACTION FOR DISARMAMENT -軍縮のためのアクション: あなたにもできる10のこと. マララ・ユスフザイ名言まとめ . マララ・ユスフザイ(英語: Malala Yousafzai、パシュトー語: ملاله يوسفزۍ、Malālah Yūsafzay、1997年7月12日 - )は、パキスタン出身の女性。フェミニスト・人権運動家。ユースフザイ[5]やユサフザイとも表記される[4]。2014年ノーベル平和賞受賞[6][7]。, 1997年にパキスタン北部のカイバル・パクトゥンクワ州ミンゴラ(英語版)のスンニ派の家庭に生まれる。マララという名はパシュトゥーン人の英雄であるマイワンドのマラライ(英語版)にちなんで名付けられた[8]。父親のジアウディン・ユスフザイ(英語版)は地元で女子学校の経営をしており、娘のマララは彼の影響を受けて学校に通っていた。彼女は数学が苦手だったが、医者を目指していた。, 2007年に武装勢力パキスタン・ターリバーン運動 (TTP) が一家の住むスワート渓谷(英語版)(スワート県(英語版))の行政を掌握すると恐怖政治を開始し、特に女性に対しては教育を受ける権利を奪っただけでなく、教育を受けようとしたり推進しようとする者の命を優先的に狙うような状況になった。2009年、11歳の時にTTPの支配下にあったスワート渓谷で恐怖におびえながら生きる人々の惨状をBBC放送の依頼でBBCのウルドゥー語のブログにペンネームで投稿してターリバーンによる女子校の破壊活動を批判、女性への教育の必要性や平和を訴える活動を続け、英国メディアから注目された[9][10]。マララは、イスラーム世界における初の女性政府首脳である元パキスタン首相ベーナズィール・ブットーに刺激を受けたと語っている[11]。, 一方、アメリカのパキスタンに対する軍事干渉には批判的な見解を示し、2013年10月にアメリカのオバマ大統領と面会した際は、無人機を使ったアメリカのテロ掃討作戦をやめるよう求めた[12]。, 2009年、TTPがパキスタン軍の大規模な軍事作戦によってスワート渓谷から追放された後、パキスタン政府は彼女の本名を公表し、「勇気ある少女」として表彰した。その後、パキスタン政府主催の講演会にも出席し、女性の権利などについて語っていたが、これに激怒したTTPから命を狙われる存在となる。, 2012年10月9日、通っていた中学校から帰宅するためスクールバスに乗っていたところを複数の男が銃撃。頭部と首に計2発の銃弾を受け、一緒にいた2人の女子生徒と共に負傷した[13]。, この事件についてTTPが犯行を認める声明を出し、彼女が「親欧米派」であり、「若いが、パシュトゥーン族が住む地域で欧米の文化を推進していた」と批判[14]、彼女に対するさらなる犯行を予告した[15]。わずか15歳の少女に向けられたこの凶行に対し、パキスタン国内はもとより、潘基文・国際連合事務総長[16][17]やアメリカのヒラリー・クリントン国務長官など[18]世界各国からも非難の声が上がったが、TTPは「女が教育を受ける事は許し難い罪であり、死に値する」と正当性を主張して徹底抗戦の構えを示した。アンジェリーナ・ジョリーは事件を受け、パキスタン、アフガニスタンの少女のために5万ドル(約400万円)を寄付した。寄付金は、パキスタン、アフガニスタンにおける女性教育のために闘った女性、少女を表彰する賞の創設などに使われるという[19][20]。, 彼女は首都イスラマバード近郊のラーワルピンディーにある軍の病院で治療を受け、10月14日には試験的に短時間だけ人工呼吸器を外すことに成功した[22]。10月15日、さらなる治療と身の安全確保のため、イギリス・バーミンガムの病院へ移送された[22]。翌16日には筆談で「ここはどこの国?」と質問し、19日には病院職員に支えられながらではあるが、事件後初めて立ち上がった[23]。, 銃弾は頭部から入り、あごと首の間あたりで止まっていて、外科手術により摘出されたものの、頭部に感染症の兆候があったが[23]、奇跡的に回復し、2013年1月3日に約2カ月半ぶりに退院した。家族とともにイギリス国内の仮の住まいでリハビリをしながら通院を続け[24]、2月2日に再手術を受けた[25]。, 2013年1月9日、シモーヌ・ド・ボーヴォワール賞を受賞した[26]。同年7月12日、国際連合本部で演説し、銃弾では自身の行動は止められないとして教育の重要性を訴えた[4]。国連は、マララの誕生日である7月12日をマララ・デー(英語版)と名付けた[4]。また、同年10月10日にはサハロフ賞を受賞した[27]。, 2014年9月12日、パキスタン軍はマララ襲撃に参加したイスラーム過激派10人を逮捕したと発表した[28]。ただし、パキスタン・ターリバーン運動から分離した過激派ジャマトゥル・アハラールは、「あの襲撃には3人が関与し、うち1人は殉死し、2人は生きている」として軍の発表を否定している。また、パキスタン・ターリバーン運動の指導者マウラナ・ファズルッラーが襲撃を命じたとの説も否定している[29]。, 2014年、ノーベル平和賞受賞[6][7]。17歳でのノーベル賞受賞は史上最年少記録[30]。マララは受賞において「この賞は、ただ部屋にしまっておくためのメダルではない。終わりではなく、始まりに過ぎない」と表明した[31]。マララの母国パキスタンのナワーズ・シャリーフ首相は「マララさんの功績は比べるものがないほど偉大だ」と賞賛した。しかし、マララの出身地スワト地区では、イスラム過激派に対する恐怖から、表立って祝う動きは殆ど見られない[32]。パキスタンの有力紙は受賞決定を大いに歓迎し、マララを賞賛した[33]が、パキスタンの一部保守層には、マララがイスラームに敬意を払っていないとして、ノーベル賞受賞は「西洋の指示に従った結果」と皮肉る意見もある[34][33]。マララに対する批判者は、Twitterで「MalalaDrama(マララ茶番)」というハッシュタグを使っている[11]。, その他、インドのナレンドラ・モディ首相、欧州連合、国連の潘基文事務総長などが、マララの受賞を祝福した[35]。アメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領は「人類の尊厳のために奮闘するすべての人たちの勝利だ」とし、日本の安倍晋三総理大臣は「女性が教育を受ける権利を訴え続けたことは、世界中の人々に勇気を与えた」と受賞を称えた[36][37]。在日パキスタン人など、日本国内のムスリム共同体も受賞を祝福した[38]。, また、米タイム誌が発表した「2014年最も影響力のある25人のティーン」の一人に選ばれた[39]。, 2017年4月10日、ニューヨークの国連本部において国連平和大使に任命された[40]。19歳での国連平和大使任命は史上最年少であった[40]。, 2013年12月、ユネスコとパキスタンは、就学機会を奪われた女性の教育を支援するマララ基金の設立を発表した[41]。 マララ・ユスフザイ氏スピーチ 日本語字幕付き 英文/英語字幕付き . 2014年10月11日 kohata Filed Under: 名言・格言. 世界では女子というだけで教育を受けられない子どもたちがたくさんいることを知っていますか。 2014年に史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんは、現在も女子が教育を受ける権利を訴え続けています。 この記事では世界の女子教育… 女性が教育を受ける権利を訴え続け、2014年に史上最年少のノーベル平和賞受賞者となった17歳の少女、マララ・ユスフザイさんをご存知でしょうか? 今回は、彼女の言葉を紹介しながら、人間としての生き方、平和に対する考え方を学びたいと思います。 2014年12月10日に行われたノーベル平和賞の授賞式で、史上最年少受賞者となったマララ・ユスフザイ氏が受賞スピーチを行いました。少女たちの教育の権利を訴え続けてきたマララ氏は、すべての人が平等な教育を受けられる平和な世の中のため、改めて聴衆にはたらきかけました。 2015年7月にはシリア難民の少女を対象として、レバノン東部のベカー平原に学校を開設した。この学校の開校にあたってはマララ基金から資金が拠出されている[42]。, 2018年3月29日、銃撃後に初めてパキスタンに帰国した。銃撃後から約6年後の帰国となる。シャーヒド・ハーカーン・アッバースィー首相との会談後、時折涙で演説を中断しながら「私はそれほど若くはないが、多くのことを見聞きしてきた」「パキスタンの女性が両足で立って自立できる力が得られるよう、パキスタン人は手を取り合うようになる」と述べた。故郷のミンゴラの地元民は250km離れたイスラマバードからの帰路に触れ歓迎の意を表した[43]。, 2012年以降、スターバックスやウォルマート、マイクロソフトのPR活動を手掛けたことで知られるEdelman社が、スピーチ原稿の草案の作成に関わるなど、マララのPR活動や支援活動に積極的に関与している[45][46]。, 国際連合 / コフィー・アナン (2001)  - ジミー・カーター (2002)  - シーリーン・エバーディー (2003)  - ワンガリ・マータイ (2004)  - 国際原子力機関 / モハメド・エルバラダイ (2005)  - グラミン銀行 / ムハマド・ユヌス (2006)  - 気候変動に関する政府間パネル / アル・ゴア (2007)  - マルッティ・アハティサーリ (2008)  - バラク・オバマ (2009)  - 劉暁波 (2010)  - エレン・ジョンソン・サーリーフ / レイマ・ボウィ / タワックル・カルマン (2011)  - 欧州連合 (2012) - 化学兵器禁止機関 (2013) - カイラシュ・サティーアーティ / マララ・ユスフザイ (2014)  - チュニジア国民対話カルテット (2015)  - フアン・マヌエル・サントス (2016)  - 核兵器廃絶国際キャンペーン (2017)  - デニス・ムクウェゲ / ナーディーヤ・ムラード (2018)  - アビィ・アハメド (2019)  - 国際連合世界食糧計画 (2020), “Taliban Say They Shot Teenaged Pakistani Girl Who Exposed Their Cruelty”, http://www.npr.org/blogs/thetwo-way/2012/10/09/162573135/taliban-say-they-shot-14-year-old-pakistani-girl-who-exposed-their-cruelty, http://www.nytimes.com/video/2012/10/09/world/asia/100000001835296/class-dismissed.html, 平成26年10月10日 マララ・ユースフザイさん及びカイラシュ・サティヤルティさんのノーベル平和賞受賞についての安倍内閣総理大臣コメント, The Nobel Peace Prize 2014 - Press Release, http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/7834402.stm, “Pakistani girl, 13, praised for blog under Taliban”, http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-15879282, https://web.archive.org/web/20141028200320/http://jp.wsj.com:80/news/articles/SB11713596470002413933104580209192882632922, http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013101200099, http://mainichi.jp/select/news/20121011k0000m030036000c.html, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE89903620121010, http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/asia/597864/, “「凶悪、ひきょう」 国連の潘事務総長、14歳少女銃撃を非難 - MSN産経ニュース”, https://archive.is/20130104001233/http://sankei.jp.msn.com/world/news/121011/erp12101108560001-n1.htm, “UN chief strongly condemns ‘heinous and cowardly’ attack on Pakistani schoolgirl”, http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=43255&Cr=pakistan&Cr1=, “Malala Yousafzai: Reward offered for arrest of attackers”, http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-19901277, Urgent Note from Tina Brown and Angelina Jolie, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121013-OYT1T00823.htm, http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012101500543, http://mainichi.jp/select/news/20121021k0000e030116000c.html, http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2919000/10053530, “Girl shot by Taliban in stable condition after two operations to reconstruct skull and restore hearing”, http://www.nypost.com/p/news/international/hearing_shot_reconstruct_taliban_hmXZQyLBdo3PVCtzsLVM8O?utm_source=SFnewyorkpost&utm_medium=SFnewyorkpost, http://sankei.jp.msn.com/world/news/130110/asi13011011310000-n1.htm, http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203714004580150884096529138, http://mainichi.jp/feature/news/20141011k0000e030205000c.html, http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014101102000136.html, http://www.yomiuri.co.jp/world/20141012-OYT1T50033.html, http://www.yomiuri.co.jp/world/20141011-OYT1T50063.html, https://archive.is/20141010200111/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141010/k10015317641000.html, http://www.sankei.com/politics/news/141010/plt1410100045-n1.html, http://www.asahi.com/articles/ASGBC2GDKGBCUHBI006.html, http://www.asahi.com/articles/ASGBB62KGGBBPTIL02Y.html, http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKCN0I30RY20141014, UNESCO and Pakistan launch Malala Fund for Girls' Education, Malala returns to Pakistan for the first time since attack, “"Malala Inc: Global operation surrounds teenage activist"”, http://tribune.com.pk/story/616632/malala-inc-global-operation-surrounds-teenage-activist/, “"One year after being shot by the Taliban, Malala Yousafzai is a mighty machine".”, http://www.theglobeandmail.com/news/world/malala-yousafzai-a-strong-message-a-mighty-machine/article14762416/, ピックアップ@アジア 「パキスタン タリバンに立ち向かった少女」 ほっと@アジア 「ピックアップ@アジア」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マララ・ユスフザイ&oldid=81045047. 最も慈悲深く寛大な神の名において. ・マララさんは勇気があるだけではない。 ・考え方がしっかりしているだけではない。 ・危険を顧みず、自分の置かれた環境を世界中に訴えている。 ・パキスタン人の自覚をもっている。 ・普通なら、「やめてほしい」と周囲に訴えるだけにとどまる。 ・しかし、そうではない。その考えが素晴らしい。 ・今自分にははっきり言って、何もできることはない。 ・しかし、人生のうちで、自分にも世界の平和について、人類の幸福の … 今年のノーベル賞の授賞式が行われた。なかでもひときわ大きな注目を集めたのが、ノーベル平和賞を史上最年少の17歳で受賞したマララ・ユスフザイだろう。受賞スピーチでは「どうして『強い』といわれる国々は戦争を生み出す力がとてもあるのに、平和をもたらすにはとても非力なの? ノーベル賞受賞式におけるマララさんのスピーチ全文(英語/日本語訳) パキスタン人のマララ・ユスフザイさん(17)が今朝未明ノルウェーの首都、オスロで行われたノーベル平和賞授賞式で. 2012年、母国パキスタンでタリバンによる女性教育弾圧に反対したことを理由に銃撃を受けたマララ・ユサフザイ氏は、女児の教育を求める闘いの国際的なシンボルとなりました。マララさんは2009年、仮名のブログで、地元の町で拡大する軍事活動と、学校への攻撃に対する不安について語り始めました。マララさんは身元が明かされてからも、父のジアウッディンさんとともに、教育を受ける権利を訴え続けました。, 2012年10月9日、タリバンが友人と下校途中のマララさんを攻撃すると、全世界で非難の声が上がりました。パキスタンでは200万人以上が、教育の権利を求める嘆願書に署名し、国会はパキスタンで初めて無償で義務教育を受ける権利を盛り込む法案を可決しました。, マララさんは2013年、父と共同で、女児教育が社会と経済に及ぼす効果についての認識を高め、女児が変化を求めることができるようにすることを目的として「マララ基金」を立ち上げました。そして2014年12月には、史上最年少でノーベル平和賞を授与されました。アントニオ・グテーレス事務総長は2016年4月、女児教育の重要性に対する認識向上を図るため、マララさんを国連ピース・メッセンジャーに任命しました。, 質の高い教育は、人々の生活改善と持続可能な開発の基盤となります。すべてのレベルで教育へのアクセスを広げ、特に女性と女児の就学率を引き上げるという点では、大きな前進が見られています。世界は初等教育で男女の平等を達成しました。しかし、すべての教育レベルでこのターゲットを達成できた国はほとんどありません。しかも、学校に通えていない子どもの数は依然として5,700万人を超えています。普遍的教育の目標を達成するためには、さらに大胆な取り組みが必要です。2015年9月の歴史的な国連サミットで、世界のリーダーたちは、あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処するための取り組みを結集することを目的に、17の持続可能な開発目標(SDGs)を採択しました。その目標4は、すべての人に包摂的で質の高い教育を確保し、生涯学習を促進することをねらいとしています。目標4に関するターゲットの中には、2030年までに教育におけるジェンダーの不平等を解消することが含まれています。, Sustainable Development Goals 7月12日は、女子が教育を受けることの重要性を世界に向けて訴えかける活動家マララ・ユスフザイの誕生日であり、この日を国連がマララ・デーと制定。女子が教育を受けることができると世界はどのようなに変化するのか。(フロントロウ編集部) マララユスフザイのこの名言好きだわ 1人の子ども、1人の教師、1冊の本、1本のペン、それで世界は変えられます One child, one teacher, one book, and one pen can change the world — 稲瑠垣征 (@Ryu2Spy005) October 13, 2014 . Malala Yousafzai becomes honorary Canadian. Twitter. マララ・ユスフザイの ノーベル平和賞受賞演説の内容と 特徴的修辞技法の分析 福田慎司* 1.はじめに 2014年のノーベル平和賞は、パキスタン人のマララ・ユスフザイ氏(以後、 マララ)とインド人のカイラシュ・サティヤルティ氏の2名に授与された。二 マララ・ユスフザイ(英語: Malala Yousafzai 、パシュトー語: ملاله يوسفزۍ 、Malālah Yūsafzay、1997年 7月12日 - )は、パキスタン出身の女性。 フェミニスト・人権運動家。 ユースフザイ やユサフザイとも表記される 。 2014年 ノーベル平和賞受賞 。. グレタさんのスピーチとマララさんのスピーチで大きく違うのは「間」だ。マララさんは実にゆっくり間を取っている。グレタさんは一言一言の間に間がなく、焦りながら話しているように見える。 またマララさんは間を取りながら、聴衆をゆっくり見渡す、視線の動かし方もとても上手で、� マララユスフザイのun英語スピーチ2013を和訳付きで紹介します。マララユスフザイの英語のスピーチは大変な話題を呼び、2014年にはノーベル賞も受賞しました。マララユスフザイのスピーチから学べることは英語だけではく、女性差別や教育の大切さも教えてくれます。 マララ・ユスフザイの名言や日本語字幕付きのスピーチ(演説)を紹介していきます。彼女の半生や強い意思を物語る言葉を見ていきましょう。マララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)は、1997年7月12日にパキスタンのカイバル・パクトゥ email. マララ・ユスフザイ (Malala Yousafzai)は20歳にして、世界で最も活躍の目覚ましい有名人の1人だ。 彼女は5年前、女性が学校へ行くことを禁じるタリバンに従わなかったとして、出身地のパキスタンで銃撃された。その後、彼女はノ Facebook. 2014年のノーベル平和賞を、マララユスフザイさんが受賞しましたね。去年、2013年の7月12日に行われた、マララユスフザイさんの国連演説スピーチについて、英語の全文を日本語対訳つきでまとめました。マララさんのスピーチはスピードもゆっくりめ マララ・ユスフザイさんが2013年7月、ニューヨークの国連本部で行った演説の全文は下記の通り。 In the name of God, the most beneficent, the most merciful. マララ・ユスフザイ カナダ議会でのスピーチ . 」16歳少女マララ・ユスフザイの国連スピーチ 加藤 たけし 2013/12/31 / 2019/02/19 女性教育の権利を訴えて今年の ノーベル平和賞 最有力候補とまで言われた、パキスタン出身の16歳の少女 マララ・ユスフザイ … マララ・ユサフザイさんの国連本部でのスピーチ(2013年7月12日、マララ・デー) ツイート; マララ・ユサフザイさんの国連本部でのスピーチ(2013年7月12日、マララ・デー) 2013年07月12日. マララ・ユサフザイ パキスタン | 2017年に任命 2012年、母国パキスタンでタリバンによる女性教育弾圧に反対したことを理由に銃撃を受けたマララ・ユサフザイ氏は、女児の教育を求める闘いの国際的なシンボルとなりました。 United Nations Children's Fund (UNICEF) マララ・ユスフザイは2014年ノーベル平和賞を受賞した少女である。受賞のときわずか17歳だった。 彼女の誕生日・7月21日は「マララ・デー」という「すべての女性、少年少女の権利のための日」とされている。 マララ 教育のために立ち上がり、世界を変えた少女. マララ・ユスフザイさん(17):「1人の子ども、1人の教師、1冊の本、1本のペンで世界を変えることができる」 今年のノーベル平和賞には、パ. 受賞スピーチをしました。

スカーレット 伊藤健太郎 彼女, グリーンチャンネル 見れる場所 新潟, ボディミスト 学校 付け方, Gaban スパイスカレー レシピ, Nhk 報道局 電話番号, ポケ森 あつ森 フレンド, 白ワイン おつまみ 話題, 名探偵コナン 緋色の弾丸 前売り券, ヨドバシカメラ 横浜 休業, 冨岡義勇 羽織 姉, デトロイト コナー 解決策を見つける, セブンイレブン 一日乗車券 名古屋, 男の子 名前 画数 無料, メール わかりました だけ, 過保護のカホコ いと 病気,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です